訪問看護ステーションにおける”給料”の話

皆さん、訪問看護ステーションの給料は高いなんて話を聞いたことはありませんか??

実際に転職サイト等で検索をすると、月給や年収が高い求人のほとんどが訪問看護ステーションだと思います。それなら訪問看護ステーションに転職すれば給料は上がる!!と、皆さん考えるのではないでしょうか。

私は訪問看護ステーションへ転職したことで給料が上がりましたが、実際のところ転職をした全員が私のように給料が上がるのか・・・?? 先に答えを言ってしまうと、必ずしも上がるとは限らないというのが現実なのです…

そこで今回は、訪問看護ステーション給料についてお話ししていこうと思います。

これから転職を考えている人など、皆さんの参考になれば嬉しいです!!

給料の相場

訪問看護ステーションの給料相場は、総支給額で月30~50万円程度と幅広くなっています。

そこから保険料や税金等が引かれるため、手取りだと25~45万円程度になります。

年収については各事業所の給与支給方法や手当に違いがある為、400~700万円とこちらも開きが大きくなります。

給与比較

看護師訪問看護ステーション病院(夜勤あり)クリニック
月収総支給30~50万円
(手取り25~45万円)
総支給30~35万円
(手取り25~30万円)
総支給25~30万円
(手取り20~25万円)
年収400~700万円400~500万円350~400万円
理学療法士等訪問看護ステーション病院・クリニックデイサービス
月収総支給30~50万円
(手取り25~45万円)
総支給20~28万円
(手取り16~24万円)
総支給22~30万円
(手取り18~26万円)
年収400~700万円300~450万円300~500万円
※おおよその数字ですので必ずしも当てはまるとは限りません。

常勤では月給制もしくは年俸制を取り入れている事業所が多く、非常勤では時給制や訪問件数などによって給与を決定しているケースが多くなっています。

また、多くの事業所でインセンティブ(歩合)制度を取り入れており、各事業所の規定する訪問時間または件数を超えた場合に別途報酬が支払われる仕組みもあります。給料の額に開きが大きくあるのはこの制度が関係している可能性が考えられます。

給与の決定について経験年数等の経歴を加味してくれる事業所もあれば、臨床経験〇年以上という条件のもと募集している事業所もあるため色々な求人を見て転職を考えると良いと思います。

基本的な給与の構成

基本的な給与の構成は「基本給+資格手当(+管理職手当)」です。

それでは細かく内容をお話ししていきます。

基本給

給与の基本となる部分で、各事業所の規定により決められています。

30万前後を基本給として規定している事業所が多くなっています。

資格手当

看護師や理学療法士、作業療法士などの国家資格に対して支払われる手当です。

一般的に理学療法士、作業療法士などは看護師より手当が低い傾向にあります。

管理職(役職)手当

役職者及び管理職に支払われるもので、一般職より職務遂行上の責任や役割が重いということに対して支給されます。

各事業所により金額の規定は異なりますが、管理者(所長)や役職(主任等)には管理職手当がつくことが多いです。

その他の諸手当

基本的な給与構成に加え、それ以外の諸手当(調整、訪問、残業等)が加わり支給される給与が決定されます。

それでは、その他諸手当についてお話ししていきます。

訪問手当(インセンティブ)

インセンティブ制度を導入している場合、各事業所の規定する訪問時間や訪問件数を超過して訪問を実施した際に支給されます。1時間(1件)当たり3,000~4,000円程度で手当てを支給している事業所が多いです。

  • 例) 月の訪問時間が70時間を超える場合、71時間目から1時間につき〇千円支給
  • 例) 月の訪問件数が80件を超える場合、81件目から1件につき〇千円支給

調整手当

調整手当は各事業所が定める、あるいは雇用市場が要求する給与の支給基準を満たすための役割を担っており、様々な理由で活用されます。何について支給されているかは各事業所により異なる為、必要があれば確認してみてください。

残業手当

病院や一般企業と同じようにある程度の残業はあり、その残業に対し支給されます。残業をした分だけ手当が出る事業所もあれば、上限が決められている事業所、先に手当として給与に反映させている事業所など支給方法は様々です。

残業については、担当利用者数が多くなると訪問看護記録や計画書・報告書の作成に時間が必要となるため増える傾向にあります。また、スタッフ数が少なく、利用者数が多い事業所は残業が多くなる傾向にあります。

訪問看護ステーションはどこも人手不足のため勤務時間や訪問件数について柔軟に対応してくれるところも多くあり、残業を減らせるように調整することも相談が可能です。

オンコール手当

オンコールとは24時間対応体制の訪問看護ステーションにおいて、夜間や休日の緊急時に備えて看護師が待機する体制のことを言います。勤務時間外に事業所に連絡が来た場合、オンコール担当者の社用携帯へ転送され、対応するという流れです。

オンコールの対応体制は、全スタッフで当番制、対応可能なスタッフのみ、管理職のみなど各事業所により異なります。電話が鳴る・鳴らないに関係なく手当はつき、電話が来て緊急訪問を実施した場合は加えて別途手当が発生します。

オンコール手当は1回につき1,000円~5,000円くらいが相場となります。

オンコールを担当する際は、担当する頻度、電話の頻度、待機場所など、事業所によって変わってくるものも多いので先に確認しておくと良いかもしれません。

その他

その他には、通勤手当(支給上限のある場合が多い)や、勤務時間外で早朝や夜間に訪問を実施した場合の早朝・深夜手当があります。

給与支払方法

訪問看護ステーションの給与支払は主に「月給制(日給月給制)」と「年俸制」に分けられます。

月給制(日給月給制)

・「月給制」は「完全月給制」とも呼ばれ、月を単位に基本給を定め、実際の出勤日数に関係なく毎月定額の給与が支給される制度を言います。

・「日給月給制」は、月給として月を単位に基本給を定めますが、欠勤や遅刻・早退などがあった場合には、その分給与から賃金控除(天引き)を行う制度を言います。

年俸制

・「年棒制」は、1年を単位に給与総額を定めます。労働基準法にて最低毎月1回の給与支払いが義務付けられているため、年単位の給与を分割して毎月支給する制度です。

基本給と資格手当の関係

給与支払について基本給と資格手当の割り当ての違いは注意が必要です。1ヵ月の給与が同じくらいであっても、基本給と資格手当の関係により年収等に差が生じる場合があります。

例)「基本給30万円(資格手当なし)」の場合と、「基本給25万円に資格手当10万円(合計35万円)」の場合を比較すると、月収は後者が高くなります。ただ、ボーナス(基本給〇ヵ月分で計算される)においては前者が高くなる可能性が大きいです。

年収で考えた場合に前者と後者では差が生まれてくるため、先に確認しておくと良いでしょう。

ボーナス(賞与)の注意点

どこの会社にも共通して言えることですが、ボーナス(賞与)支給額は業績によって左右されます。業績が上がればボーナスは上がり、業績が下がればボーナスは下がります。業績悪化が酷い場合は最悪支給されないことも考えられます。

ボーナス支給があるからと言って安易に事業所を決めないよう注意してください。

非常勤の給与について

求人には常勤だけでなく非常勤も多くあります。

時給制の事業所が多く、比較的高めに設定されています。

時給制

・「時給」とは1時間単位で支給される時間給のことを言います。

※時給制が一般的ですが、時給制に加えて訪問件数1件当たり〇〇〇円加算という体制を取っている事業所や、時給制ではなく件数制(1件あたり〇〇〇円)を導入している事業所もある為、最初に確認しておくと良いでしょう。

時給制の注意点

時給制では、8:30~17:30の合計9時間勤務で休憩1時間を取った場合は8時間労働のため、8時間分の時給が支給されます。ただ、中には訪問を実施している時間だけが時給発生対象としている事業所もあるので注意が必要です。その場合、記録や計画書・報告書作成、申し送り等に要する時間に給料が発生するか否かについて事前に確認しておいた方が良いでしょう。また、残業についても支給方法を確認しておくことをお勧めします。

訪問件数制の注意点

訪問件数制の場合、勤務する時間や曜日を選択しやすいですが、訪問先エリアが広く移動に長時間費やすことになってしまうと拘束時間の割に給与が低くなることがあるので注意が必要です。そうならない為にも、事前に訪問エリアや利用者数を確認しておくことをお勧めします。

賞与・昇給

各事業所の経営方針にもよりますが、賞与・昇給の制度を設けているところはあります。

ただ、月給を高く設定しているため賞与を支給しない場合や、経営状態が安定しないため賞与も昇給もない場合など、事業所によって仕組みはバラバラですので入職前に確認しておくことをお勧めします。

給与の地域差

地域区分によって報酬単価に加算があるため、事業所の所在する地域によって給与は変わってきます。

基本的に同地域にある訪問看護ステーションであれば大きく給与が変わることはありません。

おわりに

今回は訪問看護ステーションにおける給与のお話をさせていただきました。私自身もそうでしたが、転職を考える際に給与が気になることは当然で、給与の増加を望んでいる人も多いと思います。今回色々とお話ししてきましたが、結局のところ給与が上がるか否か、基本給が高いか否かは事業所の経営状況や労働条件に影響されることが多いです。

病院等からの転職であれば給与が上がる傾向にありますが、前職で管理職をしていた方や、残業がとても多かった方などは給与が下がる可能性も考えられます。必ずしも給与が上がるということは無いので、転職の前に確認しておくと良いですね。

また、給与にとらわれず、ワークライフバランスを考えて勤務形態を選択することも良いと思いますので、今一度ご自身で働き方について考えていただければと思います。

ここでは出来るだけ簡潔に、大切な部分を抜粋して書いています。この記事に書いてあることが全てではないので、別の記事も合わせて読んでいただけるとより理解が深まると思います。

それでは今回はここまでです!!これからも皆さんの力になれる情報を発信していきますので引き続きよろしくお願いいたします。