『腸内環境』を整える3つの方法!!

腸内環境』を良くすると”健康”や”美容”にとても良い効果を与えるという事実をご存じでしょうか??

この事実は、最近色々な雑誌やテレビで特集され、研究でも明らかにされています。

腸活などという言葉で特集されていることもあり、著名人も実践しているなんてよく聞きますよね。

この記事を読んでいる皆さんも腸内環境を良くしたいと思っているのではないでしょうか??

そこでこの記事では『腸内環境』を整えると題して、腸内環境の改善方法についてお話ししていこうと思います。

是非、最後までお付き合いください!!

腸内環境を良くするために

腸内環境を良くするために、まず情報として知っておいてほしいことがあります。

腸内細菌バランスとは

私たちの腸内には善玉菌】【日和見菌】【悪玉菌という腸内細菌が存在しています。

その善玉菌、日和見菌、悪玉菌がある割合で存在していると腸内環境を良くなっていきます。

理想としては、善玉菌が全体の2割日和見菌が全体の7割悪玉菌が全体の1割です。

善玉菌:日和見菌:悪玉菌=2:7:1の割合の時が理想的な腸内細菌バランスであり、腸内環境がとても良い状態になります。

(※日和見菌は必ず7割で数が変わることはありません)

善玉菌の割合が多いと腸内環境は良くなる??

悪玉菌と比べて善玉菌の割合が多い場合、なぜ腸内環境は良くなるのでしょうか??

腸内環境が良くなるサイクル

『腸内に善玉菌が多いとき』⇒『善玉菌は活性・強化・増殖する』

⇒『活性化した善玉菌によってカラダの健康や美容に欠かせない有効成分が作られる』

⇒『腸内が有効成分で充満する』⇒『悪玉菌は抑制・減少・弱化する』

⇒『善玉菌が多くなる』⇒最初に戻る

※このサイクルを作ることで腸内環境が良くなっていくため、善玉菌は多く存在していることが望ましいのです。

善玉菌はいつまでも元気なの??

善玉菌を活性化させることはとても大切ですが、その善玉菌は生まれてから死ぬまでずっと元気でいられるのでしょうか??

善玉菌は生まれてから3歳くらいまでの間はものすごく増えていき、そして3歳あたりから右肩下がりに少なくなってしまいます。残念なことに大分早い段階で減少していってしまうのです。

善玉菌は減れば減るほど腸内で有効成分を作れなくなります。その為、3歳あたりから徐々に悪玉菌が活性化し始め、善玉菌とは反対に悪玉菌が右肩上がりに増えていってしまいます。

善玉菌が減り、悪玉菌が増えるとどうなる??

善玉菌が減り、悪玉菌が増え、そのふたつが交差する(入れ替わる)ポイントではカラダにどのような影響があるのでしょうか??

善玉菌と悪玉菌の交差点で何が起きる??

カラダの調子が悪くなる、色々な病気(四十肩・五十肩・ヘルニア・自律神経失調症・更年期障害・がん・心筋梗塞・狭心症・脳卒中など)に罹りやすくなるなど、様々な不調が生じやすくなるタイミングと言えます。

この交差するポイントは大体40~50歳頃であり、この交差点を60歳70歳とどんどん引き延ばしていくことが、健康を維持・増進する上でとても大事になってきます。

善玉菌は減らさず、悪玉菌は増やさないことが大切であり、その為にも常に2:7:1の腸内細菌バランスを保っていく必要があるのです!!

腸内環境を良くする方法3種類

ここからはプロバイオティクス、②プレバイオティクス、③バイオジェニックスという腸内環境を良くする方法3種類についてお話ししていきます。

①②は間接的方法で、何かしらを中継して善玉菌を活性化させる方法です。

③は直接的方法で、直接腸内に働きかけ腸内環境を良くする方法です。

プロバイオティクス

プロバイオティクスとは『生きている善玉菌を摂取して間接的に腸内環境を良くする方法』のことを言います。

その仕組みは、生きた善玉菌を食べてお腹(腸内)に入れると、その摂取した善玉菌はもともとお腹(腸内)に存在していた善玉菌に影響を与えて活性化を促してくれるというものです。

【生きている善玉菌を摂取 ⇒ 腸内の善玉菌が活性化 ⇒ 有効成分が沢山作られる ⇒ 腸内環境が良くなる】

効果的な食べ物

発酵食品の中には生きている善玉菌が入っているため、味噌ヨーグルトキムチなどが効果的です。

※食べた善玉菌はお腹(腸内)に定着していくわけではありません。また、外から補充しているわけでもありません。

プレバイオティクス

プレバイオティクスとは『善玉菌を活性化させるエサを摂取することで間接的に腸内環境を良くする方法』のことを言います。

その仕組みは、善玉菌を活性化させるエサとなる食べ物を摂取することで、その摂取したエサによりもともとお腹(腸内)に存在していた善玉菌が活性化していくというものです。

【善玉菌のエサとなる食べ物を摂取 ⇒ 腸内の善玉菌が活性化 ⇒ 有効成分が沢山作られる ⇒ 腸内環境が良くなる】

では、生きている善玉菌以外でどのような食べ物が効果的なのでしょうか??

効果的な食べ物

水溶性の食物繊維を食べれば食べるほど善玉菌は活性化することが明らかになっています。

水溶性の食物繊維とは簡単に説明すると、ネバネバ、ヌルヌルしている野菜や海藻類のことを言います。

例えば、モロヘイヤオクラ納豆モズク昆布わかめなめこなどです。

※発酵食品も水溶性の食物繊維も食べられないという場合

どうしても発酵食品や水溶性の食物繊維が食べられないという人もいると思います。

そのような場合の別に対応策があるのでご安心ください!!

発酵食品も水溶性の食物繊維も食べられない場合

発酵食品も水溶性の食物繊維も食べられないという人は、ドラッグストアなどに行くと、生きた善玉菌が入っているサプリメント酵素が入っているサプリメント食物繊維が入っているサプリメントなど、食べ物に置き換えて対応出来るものがあるので試してみてはいかがでしょうか。

バイオジェニックス

このバイオジェニックスは最先端の腸内環境を良くする方法で、直接的に腸内環境に働きかけます。

バイオジェニックスの仕組み

生体内の善玉を体外(カプセル)で培養する(=生きている人間のカラダに存在している善玉菌を生きたままカラダの外に取り出して培養)

培養カプセル内には生きた善玉菌が沢山存在している状態となる

培養カプセル内の生きた善玉菌に対してエサを与える

エサを与えられ活性化した善玉菌はカプセル内で有効成分を生成する

有効成分でいっぱいとなったカプセルから有効成分のみを抽出する(抽出したものは有効成分100%)

抽出した有効成分を飲む(摂取する)ことで腸内に有効成分が充満する

悪玉菌が活性化出来ず、抑制され、減少していく

腸内環境が良くなる

上記①⇒⑧の仕組みで、直接的に腸内環境を良くすることで健康・美容の補助・増進をすることが可能になります。

善玉菌には寿命があり、年齢を重ねる毎にどんどん弱くなっていきます。そして弱くなった善玉菌にはどれだけエサを与えても活性化はしません。ただ、バイオジェニックスであれば、善玉菌が元気か否か関係なしに活性化させることが出来るのです。

おわりに

今回は腸内環境を良くする方法についてお話ししました。腸内細菌の中でも善玉菌の役割がとても重要であり、いかにその善玉菌を活性化させるかが腸内環境に影響しているか分かりましたね。

腸内環境が良くなることで、カラダが元気になり、健康や美容にも良い効果を与えてくれます。どのようにすれば善玉菌を活性化させることが出来るかについてもお話ししているので、是非実践してみてください!!

ここでは出来るだけ簡潔に、大切な部分を抜粋して書いています。この記事に書いてあることが全てではないので、別の記事も合わせて読んでいただけるとより理解が深まると思います。

それでは今回はここまでです!!これからも皆さんの力になれる情報を発信していきますので引き続きよろしくお願いいたします。

健康

Posted by とび