『腸内環境』と”ダイエット”は関係している!?

腸内環境とダイエットの関係性について皆さんはご存じでしょうか??

最近では雑誌やテレビなどでも特集されるようになりました。また、有名人なども腸活などと言ってカラダ作りをしているなんてこともよく耳にするようになりました。

ただ、どのダイエットにおいて「なぜそう痩せるのか」という根本が分かっていないと長続きしなかったり、失敗をしてしまうという結果になりかねません。

そこでこの記事では、腸内環境とダイエットの関係性と題して、腸内環境が悪いとなぜ太るのかについてお話ししていこうと思います。

是非、最近ではお付き合いください!!

腸内環境とダイエットの関係性

腸内環境とダイエットについては、以下の2つが大きく関係しています。

①『代謝』に欠かせない栄養素と酵素の吸収、産生に腸が一番関わっているから

②腸内には瘦せさせる『痩せ菌』と太らせる『デブ菌』が存在しているから

この上記①②についてこれから詳しく説明していきます。

①代謝とは

代謝とは簡単に説明すると『生命活動に必要なエネルギー作るために行われる体内活動全て』を言います。

私たちは普段から、歩く、動く、呼吸する、話すなど様々なことをしていますが、全ての活動にはエネルギーが必要です。そのエネルギーを作るための体内活動を総称して『代謝』と呼んでいるのです。

代謝の順序

①食べたものが腸内で栄養素として吸収される

②吸収した栄養素を原料として『酵素』を産生する

③『酵素』を使って栄養素を分解する

④分解するときにエネルギーが作られる

⑤エネルギーを使用し、生命活動を行う

腸内環境が悪いと栄養素を吸収出来ず、分解するものがなくなってしまうため、エネルギーが作れなくなってしまいます。その結果、生命活動が出来なくなり、代謝は下がってしまうのです。

そうならないために、まずは腸内環境を良くして栄養素を吸収出来るようにしていく必要があります。

腸内環境が良ければ、栄養素を沢山吸収でき、酵素を沢山産生出来るようになります。そうなると、酵素による分解も活発に行われるようになり、エネルギー産生も多くなります。その結果、生命活動が上がり、代謝を上げることに繋がっていくのです。

代謝が上がるとなぜ痩せる??

私たちが食事をしているものにはカロリー(㎉)があることはご存じかと思いますが、カラダの中で使っているカロリー(㎉)もあるのです。

私たちの生命活動が上がれば上がるほど、カラダの中で使われるカロリー(㎉)は増えていきます。食べているカロリー(㎉)に対して、カラダの中で使っているカロリー(㎉)が多くなれば、私たちは太ることはありません。

反対に、食べているカロリー(㎉)よりカラダの中で使っているカロリー(㎉)が少なければ、絶対に太ってしまいます。

太るメカニズム

摂取カロリー(㎉) > 消費カロリー(㎉)

太る理由というのは『摂取カロリー(㎉)が多い』『消費カロリー(㎉)が少ない』かのどちらかになるということです。

腸内環境が悪いと栄養素も酵素も作れず、エネルギーを燃やすことが出来ないのでカロリー(㎉)を消費することが出来ません。カラダの中で使っているカロリーは少なく、摂取カロリーだけ増えていくため、結果として太ってしまうのです。

腸内環境と代謝はとても関わりが深いのです。

②『痩せ菌』と『デブ菌』とは

私たち人間の腸内には菌が存在しており、その菌の中に、痩せる成分を作る菌と太る成分を作る菌があります。

『痩せ菌』:脂肪燃焼を促進したり、食欲を低下させる物質を出す菌(善玉菌)

『デブ菌』:脂肪の取り込みを促進させたり、排泄する分まで必要以上に栄養を吸収してしまう菌

有名な研究

※実際にある有名な研究で、腸内細菌が体型に影響しているという結果が出ています※

【研究内容】痩せている人と太っている人の腸内細菌を採取し、それぞれ別のマウスに移植してどのような変化が起きるのかを観察。条件を同様にするため、それぞれのマウスには同じカロリー(㎉)のエサを与える。

【研究結果】太っている人の腸内細菌を移植されたマウスだけが太った。

上記研究も示すように、食べている量が同じでも、腸内に『デブ菌』が多くいる人は太り、『痩せ菌』が多くいる人は痩せるのです。

食べる量に気を付けているにも関わらずなぜか太ってしまうという人は、腸内の『デブ菌』が関与している可能性が高いです。腸内に『デブ菌』が多くいる人は、必要以上に脂肪を溜め込んだり、無駄に栄養を吸収してしまうのです。

本来であれば必要以上の栄養は排泄され、デトックスされるように腸がコントロールをしてくれています。食べ過ぎても太らない人というのは、摂取し過ぎた栄養をしっかりと排出することが出来ているのです。どうすればこのような状態に出来るかというと、その為には『デブ菌』を少なくしていくほかないのです。

『デブ菌』を少なくするには

腸内環境が荒れている人というのは、腸内が『デブ菌』でいっぱいであり、腸内環境が綺麗な人というのは『瘦せ菌』が沢山住んでくれるのです。

では、どうすれば腸内環境を綺麗にして『痩せ菌』を増やすことが出来るようになるのかを説明していきます。

この①~⑤の方法を意識して生活をすることで、腸内環境は徐々に改善されていきます。是非、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

おわりに

今回は、腸内環境とダイエットの関係性についてお話ししました。ダイエットを成功させるためには、厳しい食事制限や過度な運動をするのではなく、まず腸内環境を整えることがとても大事だということが分かりましたね。

食事制限や運動だけでも痩せるという人はいますが、カラダの仕組みを理解して行わないと、失敗をしたり、効果が出ずに続けられないといった状況に陥りかねません。カラダへの負担も大きくなってしまうため「なぜ痩せるのか」というメカニズムを理解した上でダイエットを行ってみてください。

いきなり腸内環境が改善したり、体型が変化したりすることはありませんので、地道に頑張りましょう。腸内環境の改善はダイエット以外にも様々な良い効果がありますので、皆さんもこの機会に腸内環境を整えてみてはいかがでしょうか。

ここでは出来るだけ簡潔に、大切な部分を抜粋して書いています。この記事に書いてあることが全てではないので、別の記事も合わせて読んでいただけるとより理解が深まると思います。

それでは今回はここまでです!!これからも皆さんの力になれる情報を発信していきますので引き続きよろしくお願いいたします。

健康

Posted by とび