『介護保険』による訪問看護の基礎知識

「訪問看護って保険が使えるの??」 「どんな保険でどんなサービスが使えるの??」

医療従事者であれば何となく分かると思いますが、初めて関わる人は良く分からないことがほとんどだと思います。

実際のところ、訪問看護を利用されている方であっても「どのような保険を使い」「その保険がどのようなサービスを提供してくれているのか」をほとんど知らずに利用をされていることがあります。

そこで今回は「介護保険を使用した訪問看護」について詳しく解説をしていこうと思います!!

利用対象者

介護保険対象者は、要介護認定の申請を行い、要支援または要介護の認定を受けた者です。要介護認定を申請できるのは、①第1号被保険者(65歳以上)②第2号被保険者(40歳以上65歳未満)で16特定疾病に当てはまる者が対象となります。

16特定疾病とは

  1. がん(がん末期)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  4. 後縦靭帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)
  8. 脊髄小脳変性症(SCD)
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症(MSA)
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症(ASO)
  15. 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  16. 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

※訪問看護において、介護保険と医療保険を同時に利用することはできません。原則、介護保険が優先され、介護保険の利用条件に該当しなかった場合、医療保険が適用されます。

※要介護認定申請中や要介護度区分変更申請中は暫定にてサービスの利用が可能です。ただし、認定結果が出た際に使用単位数が超過している場合(支給限度額を超過した場合)は自費となるので、暫定時のサービス利用は注意が必要です。

利用回数

利用回数の制限はなく、医師の指示があり、ケアプランに組み込まれてさえいれば1日に複数回でも訪問が可能になります。 

※リハビリ職員の訪問には制限があります。

利用時間

看護職員の訪問:1回あたり20分未満、②30分未満、③30分以上1時間未満、④1時間以上1時間30分未満の4区分。

リハビリ職員の訪問:1回あたり20分以上で、一人の利用者に対し週6回を限度(週に20分×6回=120分まで)とする。

利用の流れ

介護保険を使用した訪問看護の利用はおおよそ以下の流れになります。

  1. 主治医、地域包括支援センター(相談員)、居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)から訪問看護ステーションに依頼、相談
  2. 主治医より訪問看護の必要性を認められた場合、「訪問看護指示書」が交付される
  3. サービス担当者会議を開催し、訪問看護ステーションと契約を行う
  4. 契約完了後、訪問看護サービスの提供が開始される

サービス担当者会議:サービス事業者の担当が集まり、ケアマネジャーが作成したケアプランの内容を検討する会議。より良いサービスを提供するための意見を出し合ったり、情報共有を行います。ケアマネジャー中心に会議を進めていきます。

※利用者本人から直接訪問看護ステーションへ依頼を行うことも可能です。

訪問看護における介護報酬の算定について

介護保険の報酬

訪問看護における介護報酬は、訪問看護指示書とケアプランに沿って訪問看護計画書を作成し、その内容のケアを提供をするために必要とする標準的な時間やサービス提供をする職種ごとに「単位で表されます。

1単位の単価

1単位の単価は、人件費割合と上乗せ割合によって決められます。訪問看護ステーションの所在地により区分された級地によって、地域区分が8種類に分けられます。

  • 1級地:上乗せ割合「20%」、1単位の単価「11.40円」
  • 2級地:上乗せ割合「16%」、1単位の単価「11.12円」
  • 3級地:上乗せ割合「15%」、1単位の単価「11.05円」
  • 4級地:上乗せ割合「12%」、1単位の単価「10.84円」
  • 5級地:上乗せ割合「10%」、1単位の単価「10.70円」
  • 6級地:上乗せ割合「6%」、1単位の単価「10.42円」
  • 7級地:上乗せ割合「3%」、1単位の単価「10.21円」
  • その他:上乗せ割合「0%」、1単位の単価「10円」

※1級地にある訪問看護ステーションを使う場合→「単位数×11.40円」で料金が表される

1ヵ月当たりの支給限度額

要介護度ごとに支給限度額が決められており、基本的に支給限度額内でサービス調整を行います。支給限度額を超える場合は自費となります。

要介護度と1ヵ月当たりの支給限度額

  • 要支援1:5,003単位(50,030円~55,000円程度)
  • 要支援2:10,473単位(104,730円~115,000円程度)
  • 要介護1:16,692単位(166,920円~184,000円程度)
  • 要介護2:19,616単位(196,160円~216,000円程度)
  • 要介護3:26,931単位(269,310円~297,000円程度)
  • 要介護4:30,806単位(308,060円~340,000円程度)
  • 要介護5:36,065単位(360,650円~398,000円程度)

訪問看護ステーションの介護報酬

訪問看護ステーションの介護報酬は、訪問看護費」「介護予防訪問看護費」「加算(支給限度基準額に含まれる内加算と含まれない外加算)で構成されます。

加算については、介護サービスと介護予防サービスの単位数は同じですが、ターミナルケア加算など要支援者には算定できないものもあります。

訪問看護費

訪問看護費とは、訪問看護指示書の交付日から指示書に記載された有効期間内に実施した訪問看護に対する報酬のことです。

看護師等による訪問看護

看護師等が行う訪問看護は、訪問看護計画に沿った看護を行うために必要な時間(20分未満、②30分未満、③30分以上1時間未満、④1時間以上1時間30分未満の4区分)によって単位数が定められています。

※准看護師が訪問した場合は、所定単位数の90/100に減算された単位数で算定します。

看護職員訪問看護費
(要介護)
【看護師・保健師】


〖准看護師〗
介護予防訪問看護費
(要支援)
【看護師・保健師】


〖准看護師〗
①20分未満
 (訪看Ⅰ1/予防看Ⅰ1)
311単位280単位300単位270単位
②30分未満
 (訪看Ⅰ2/予防看Ⅰ2)
467単位420単位448単位403単位
③30分以上
 1時間未満
 (訪看Ⅰ3/予防看Ⅰ3)
816単位734単位787単位708単位
④1時間以上
 1時間30分未満
 (訪看Ⅰ4/予防看Ⅰ4)
1,118単位1,006単位1,080単位972単位

20分未満の訪問看護費算定には、①24時間体制を整えている事業所であること②20分以上の訪問看護を週1回以上計画していることが必要となります。

※前回訪問時より、約2時間未満の間隔で訪問を行う場合、所要時間を合算します。(緊急や20分未満、他職種の訪問を除く)

理学療法士等による訪問看護

理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)が実施する訪問看護は、看護業務の一環としてのリハビリテーション中心の訪問看護という位置づけになります。その為、看護職員の代わりに訪問することを利用者等に説明、同意を得る必要があります。また、定期的に看護職員が訪問し、利用者の状態について適切に評価する必要があります。

※訪問看護指示書において「屋外歩行」「嚥下訓練」等、実施するために文言記載が必要な内容があるので注意が必要です。

1回あたり20分以上実施し、一人の利用者に対し週6回を限度(週に20分×6回=120分まで)として算定します。1日2回(20分×2=40分)を超えて3回以上(20分×3=60分)訪問を実施する場合、所定単位数の90/100に減算された単位数で算定します。

PT/OT/ST訪問看護費
(要介護)
介護予防訪問看護費
(要支援)
①20分以上/回 1日2回まで
 (訪看Ⅰ5/予防看Ⅰ5)
296単位286単位
②20分以上/回 1日2回超え
 (訪看Ⅰ5・2超/予防看Ⅰ5・2超)
266単位257単位

※20分以上を1回として、一度の訪問で複数回の実施が可能。(40分以上の場合は2回、60分以上の場合は3回)

※1日に二ヶ所のステーションから訪問する場合、回数は合算する。

※理学療法士等が訪問看護を提供している場合、利用者状況や実施した看護情報を共有し、計画書及び報告書に関して看護職員と連携して作成を行う。

おわりに

今回は介護保険を使用した訪問看護の基礎的な部分についてお話ししました。利用対象者・時間・回数など色々細かいルールがあり、看護職員とリハビリ職員の訪問についても内容が異なる為、基礎知識だけでも少し情報量が多かったと思います。

ここでは出来るだけ簡潔に、大切な部分を抜粋して書いています。この記事に書いてあることが全てではないので、別の記事も合わせて読んでいただけるとより理解が深まると思います。

それでは今回はここまでです!!これからも皆さんの力になれる情報を発信していきますので引き続きよろしくお願いいたします。